1962年 第5回大阪国際フェスティバル


アムステルダム・コンセルトヘボウ・オーケストラ (指揮:オイゲン・ヨッフム、ベルナルド・ハイティンク)

1962年4月12、13、18、19、20日 フェスティバルホール
1962年4月12日(指揮:オイゲン・ヨッフム)
ベートーヴェン:「エグモント」序曲
コックス:弦楽合奏のための交響曲(日本初演)
モーツァルト:交響曲第33番
ブラームス:交響曲第4番

1962年4月13日(指揮:ベルナルド・ハイティンク)
ベートーヴェン:交響曲第8番
ドビュッシー:交響詩「海」
バルトーク:管弦楽のための協奏曲

1962年4月18日(指揮:オイゲン・ヨッフム)
モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」
ブルックナー:交響曲第5番

1962年4月19日(指揮:ベルナルド・ハイティンク)
ベルリオーズ:「ローマの謝肉祭」序曲
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
ヘンケマンス:パルティータ(日本初演)
ストラヴィンスキー:舞踊組曲「火の鳥」

1962年4月20日(指揮:オイゲン・ヨッフム)
ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
ベートーヴェン:交響曲第7番

ニカノール・サバレタ (ハープ)

1962年4月14日 フェスティバルホール

フェスティバル能

1962年4月15日 フェスティバルホール
能「清経」 梅若猶義 ほか
能「二人静」「石橋」 梅若万三郎 ほか
狂言「佐渡狐」 茂山喜三 ほか
美術:吉原治良

「三人の会」による現代日本作品の夕べ

1962年4月16日 フェスティバルホール
指揮:芥川也寸志、團伊玖磨、黛敏郎
大阪フィルハーモニー交響楽団

團伊玖磨:管弦楽のための組曲「シルク・ロード」
黛敏郎:「涅槃」交響曲
芥川也寸志:歌劇「黒い鏡」(原作:大江健三郎、演出:観世栄夫)

アンドレ・ナヴァラ (チェロ)

1962年4月17、25日 フェスティバルホール
ピアノ:ジャクリーヌ・デュソル
東京フィルハーモニー交響楽団(指揮:大町陽一郎)

ヴィルトゥオージ・ディ・ローマ (室内合奏団)

1962年4月21、28日 フェスティバルホール

リヒャルト・シュトラウス 歌劇「サロメ」

1962年4月24、26日 フェスティバルホール
指揮:マンフレッド・グルリット
演出:青山圭男
独唱:クリステル・ゴルツ、フリッツ・ウール、ヨーゼフ・メッテルニヒ、三枝喜美子、宮本昭太 ほか
合唱:大阪音楽大学学生 ほか
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

コメディ・フランセーズ

1962年5月1、2、4、5日 フェスティバルホール
1962年5月1、5日
モリエール:スカパンの悪だくみ
ジャン・コクトー:パレ・ロワイヤルの即興劇(世界初演)

1962年5月2日
ラシーヌ:ブリタニキュス

1962年5月4日
エドワール・ブールデ:弱き性

ニューヨーク木管五重奏団

1962年10月13日 フェスティバルホール


1961年へ 1963年へ


5th Osaka International Festival 1962


Amsterdam Concertgebouw Orchestra (Eugen Jochum/ Bernard Haitink, conductor)

Apr. 12, 13, 18, 19 and 20, 1962, Festival Hall

Apr. 12, 1962 (Eugen Jochum, conductor)
Beethoven: Overture “Egmont”
H.Kox: Symphony for String Orchestra No.1 (première in Japan)
Mozartà Symphony No.33
Brahmsà Symphony No.4

Apr. 13, 1962 (Bernard Haitink, conductor)
Beethoven: Symphony No.8
Debussy: Symphonic Poem “La Mer”
Bartók: Concerto for Orchestra

Apr. 18, 1962 (Eugen Jochum, conductor)
Mozart: Symphony No.38 “Prague”
Bruckner: Symphony No.5

Apr. 19, 1962 (Bernard Haitink, conductor)
Berlioz: Overture “Le Carnaval Romain”
Mendelssohn: Symphony No.4 “Italienische”
H. Henkemans: Partita (première in Japan)
Stravinsky : Ballet Suite “L’Oiseau de Feu”

Apr. 20, 1962 (Eugen Jochum, conductor)
Weber: Overture “Oberon”
Wagner: Predude and Lovedeath from “Tristan und Isolde”
R. Strauss: Symphony Poem “Til Eulenspiegeles lustige streiche”
Beethoven: Symphony no.7


Nicanor Zabaleta (harp)

Apr. 14, 1962, Festival Hall


Festival Noh

Apr. 15, 1962, Festival Hall

Nobuyoshi Umewaka, Manzaburo Umewaka, Kizo Shigeyama, ecc.
Stage decoration: Jiro Yoshiwara


An Evening with Contemporary Japanese Composers

Apr. 16, Festival Hall

Conductor: Ikuma Dan, Toshiro Mayuzumi, Yasushi Akutagawa
Osaka Philharmonic Orchestra

Ikuma Dan: Symphonic Suite “The Silk Road”
Toshiro Mayuzumi: “Nivana Symphonic”
Yasushi Akutagawa: Dramatic Opera “Dark Mirror” (the original by Kenzaburo Oe, directed by Hideo Kanze)


Andre Navarra (violoncello)

Apr. 17 and 25, 1962, Festival Hall

Jacqueline Dussol, piano
Yoichiro Omachi, conductor
Tokyo Philharmonic Orchestra


Virtuosi di Roma (chamber ensamble)

Apr. 21 and 28, 1962, Festival Hall


Opera “Salome”

Apr. 24 and 26, 1962, Festival Hall

Conductor: Manfred Gurlitt
Director: Yoshio Aoyama
Soloists: Christel Goltz, Fritz Uhl, Joseph Metternich, Kimiko Saegusa, ecc.
Chorus: Students of the Osaka Music Accademy, ecc.
Tokyo Philharmonic Orchestra


Comédie Française

May 1, 2, 4 and 5, 1962, Festival Hall

May 1 and 5, 1962
Moliére: Comedy in 3 acts “Les Fourberies de Scapin”
Jean Cocteau: Impromptu in 1 act “L’Impromptu du Palais Royal”

May 2, 1962
Racine: Tracedy in 5 acts “Britannicus”

May 3, 1962
Edouard Bourdet: Drama in 3 acts “Le Sexe faible”


The New York Woodwind Quintet

Oct. 13, 1962, Festival Hall


1961 1963