1966年 第9回大阪国際フェスティバル


NHK交響楽団 (指揮:岩城宏之)

1966年4月12、13日 フェスティバルホール

4月12日
バルトーク:弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽
外山雄三:バレエ組曲「幽玄」
ストラヴィンスキー:舞踊音楽「春の祭典」

4月13日
黛敏郎:BUGAKU
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番(ピアノ:田中希代子)
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」

リヒャルト・シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」

1966年4月16、18日 フェスティバルホール

指揮:マンフレッド・グルリット
演出:青山圭男
出演:エルザ・カヴェルティ、ヘルタ・テッパー、クルト・ベーメ、伊藤京子、中沢桂、岡村喬生 ほか
東京フィルハーモニー交響楽団

オランダ室内オーケストラ (指揮・ヴァイオリン:シモン・ゴールドベルク)

1966年4月20、21日 フェスティバルホール

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン)

1966年4月22、30日 フェスティバルホール

1966年4月22日
ウェーベルン:弦楽のための5つの小品
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
ブラームス:交響曲第1番

4月30日
モーツァルト:ディヴェルトメント第15番
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」

アントニオ・ヤニグロ (チェロ)

1966年4月23、25日 フェスティバルホール

ピアノ:アントニオ・ベルトラミ

フェスティバル能

1966年4月24日 フェスティバルホール

能「小督」:観世元正(観世流宗家) ほか
能「大原御幸」:梅若万三郎 ほか
狂言「薩摩守」:善竹忠一郎 ほか
能「船弁慶」:梅若猶義 ほか

重要無形文化財保持者による宮内庁雅楽と邦楽・邦舞

1966年4月27日 フェスティバルホール

舞楽「賀殿」、「八仙」:宮内庁式部職楽部
長唄「勧進帳」:今藤長十郎(三味線) ほか
舞踊・義太夫「関寺小町」:藤間勘十郎(立方)、竹本綱太夫(浄瑠璃) ほか
京舞・地唄「長刀八島」:井上八千代(立方)、西川竹吉(唄・三味線) ほか
舞踊・長唄「旅ゆけば」:花柳寿応(立方)、芳村伊十郎(唄)、今藤長十郎(三味線) ほか

牧阿佐美バレヱ団

1966年4月28日 フェスティバルホール

牧阿佐美バレエ団(牧阿佐美、森下洋子、豊川美恵子、大原永子 ほか)
大阪フィルハーモニー交響楽団 (指揮:福田一雄)

「パ・ド・カトル」(音楽:セザール・ブーニ)
「グラン・パ・ド・ドゥ」」(音楽:レオン・ミンクス「ドン・キホーテ」より)
「黒鳥のグランン・パ・ド・ドゥ」(音楽:チャイコフスキー「白鳥の湖」より)
「飛鳥物語」全3幕(音楽:片岡義和、振付:橘秋子)

フランス国立放送管弦楽団 (指揮:シャルル・ミュンシュ、モーリス・ル・ルー、ジョルジュ・セバスティアン)

1966年10月11、12、13、15日 フェスティバルホール

1966年10月11日(指揮:シャルル・ミュンシュ)
シューマン:交響曲第4番
ドビュッシー:交響詩「海」
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番(ピアノ:ニコール・アンリオ=シュバイツァー)
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」組曲第2番

1966年10月12日(指揮:モーリス・ル・ルー)
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
ラヴェル:スペイン狂詩曲
ベルリオーズ:幻想交響曲

1966年10月13日(指揮:ジョルジュ・セバスティアン)
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンンガー」前奏曲
G.オーリック:舞踊組曲「フェードル」
R.シュトラウス:「ばらの騎士」組曲
チャイコフスキー:交響曲第5番

1966年10月15日 (指揮:シャルル・ミュンシュ)
フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」
ルーセル:交響曲第3番
ブラームス:交響曲第1番


1965年へ 1967年へ


9th Osaka International Festival 1966


The NHK Symphony Orchestra (Hiroyuki Iwaki, conductor)

Apr. 12 and 13, 1966, Festival Hall

Apr. 12, 1965
B.Bartók: Music for strings, percussion and celesta
Y. Toyama: “Yugen” ballet suite
I. Stravinsky: Le Sacre du Printemps

Apr. 13, 1965
T. Mayuzumi: BUGAKU
Beethoven: Piano Concerto No.4 (piano: Kiyoko Tanaka)
M.Mussorgsky: Tableaux d’une Exposition


R. Strauss: Opera “Der Rosenkavalier”

 
Apr. 16 and 18, 1966, Festival Hall

Conductor: Manfred Gurlitt
Director: Yoshio Aoyama
Soloists: Elsa Cavalti, Hertha Töpper, Kurt Böheme, Kyoko Ito, Katsura Nakazawa, Takao Okamura, ecc.
Tokyo Philharmonic Orchestra


Netherlands Chamber Orchestra (Szymon Goldberg, conductor & violin)

Apr. 20 and 21, 1966, Festival Hall


Berliner Philharmonisches Orchester (Herbert von Karajan, conductor)

Apr. 20 and 30, 1966, Festival Hall

Apr. 22, 1966
Webern: Five Pieces for String Orchestra
R.Strauss: Symphonic Pem “Don Juan”
Brahms: Symphony No.1

Apr. 30, 1966
Mozart: Divertimento No.15
R.Strauss: Symphonic Pem “Ein Heldenleben”


Antonio Janigro (violoncello)

Apr. 23 and 25, 1966, Festival Hall

Piano: Antonio Beltrami


Festival Noh

Apr. 24, 1966, Festival Hall

Motomasa Kanze, Manzaburo Umewaka, Chuichiro Zenchiku, Naoyoshi Umewaka, ecc.


Japanese Imperial Court Music and Dance, Classical Music and Dance

Apr. 27, 1966, Festival Hall

The Court musicians of the Music Department of the Imperial Household, Ijuro Yoshimura, Kanjuro Fujima, Yachiyo Inoue, Juo Hanayagi, Tunatayu Takemoto, ecc.


Asami Maki Ballet Campany

Apr, 28, 1966, Festival Hall

Asami Maki Ballet Campany (Asami Maki, Yoko Morishita, Noriko Ohara, ecc.)
Osaka Philnharmonic Orchestra (Kazuo Fukuda, conductor)


Orchestre National de l’Office de Radiodiffusion-Télévision Française (Conductor: Sharles Munch, Maurice Le Roux, Georges Sebastian)

Oct. 11, 12, 13 and 15, 1966, Festival Hall

Piano: Nicole Henriot-Schweitzer


1965 1967