第55回大阪国際フェスティバル2017の特集記事(朝日新聞)


フェスティバルホールを舞台に繰り広げられる音楽の祭典「大阪国際フェスティバル」。第55回を迎える2017年度の概要が、朝日新聞大阪本社版にて掲載されました。掲載日:2016年12月11日(日)

「春の華やぎ 伝統の舞」と題し、伝統芸能公演「花舞台浪花賑」に出演する人気歌舞伎俳優、片岡愛之助、中村壱太郎、片岡千之助のインタビューを筆頭に、春の名物企画「大阪4大オーケストラの響演」、20世紀を代表する巨匠バーンスタインの大作「ミサ」、アンドリス・ネルソンス率いるボストン交響楽団、アラン・ギルバート指揮・東京都交響楽団など、多彩なラインアップを紹介しています。

「大阪4大オーケストラの響演」「東京都交響楽団・大阪特別公演」「花舞台浪花賑」はチケット発売中。「ミサ」は2月5日(日)10:00より一般発売(各種先行販売あり)です。

チケットに関する詳細・お求め、公演のお問い合わせは、
フェスティバルホール チケットセンター 06-6231-2221(10:00-18:00)
フェスティバルホールチケットセンターオンラインチケット

OIF2017特集①

©朝日新聞社 無断複製転載を禁じます
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
掲載日:2016年12月11日(日)/掲載紙:朝日新聞大阪本社版朝刊/承諾書番号:A16-2273